読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活字の海で溺れてます

本とは出会い...

冒険の書

 

とある休日、駅前の好日山荘でぼうしをみた。夏向けの日差しをよける、つばの大きな、でも涼し気なやつを探していたが、うーん、ないか。

右にまがってドアから出ようとして、チラッと写真が目についた。若いきれいな女性。ん?、「冒険の書」?どこなんだろ?と一瞬手にとりかけて、荷物になるな。と考えなおし、帰りにみてみることにしようとあとにした。

・・・・

翌日、新幹線のなかで気づいた、あっ、忘れてた、なんて本だったかな?

・・・・

そんなこんなで1週間が過ぎ、なんとなく気になってGoogle先生にたずねてみた。「女子高生、ヒマラヤ、登山」、でた、「冒険の書」南谷真鈴、本屋で探すと、1冊だけあるとでた。

 f:id:katasuket:20170416234211j:plain

購入して早速読んでみた。

まずタイトルがいい。「冒険の書」、むかしのドラクエを連想してうれしくなった。表紙の写真がいい。かわいいじゃん。どれどれ、冒険をよんでみよう。

表紙の裏をみてびっくり、標高8848mのエベレスト山頂にて、とある。えーっ、うそやろ。とてもそんなとこにみえなかったので、、、

なんと7大陸最高峰踏破とある。ひえーっ、そ、そうなん?

あとはすぐ読めた。なんか簡単そうに書いてるけど内容はすさまじい。しかも大学受験しながらやったそうな。そんな女の子がいまどきの子なのか、それとも特殊なのか、はて。

あんまし書くとつまらなくなるので感動の一文でしめておこう。

目的に向かい、情熱によって動かされる人間の意志より強いものなどない。

自分自身を信じる力は、もはや奇跡だ。

(登頂日の日記より)